HADOまとめ

IT×スポーツで、テクノスポーツHADOを生み出すmeleapのブログ。 膝がガクガク震えるほど世界を圧倒的に面白くします!

【メディア掲載状況】産経フォト「「超人スポーツ」にバブルジャンパーやHADOなどを認定」

産経フォトに、超人スポーツの取り組みが取材されました。

その競技の1種目として、HADOをご紹介いただきました。

 

参考リンク

www.sankei.com

【メディア掲載状況】axis「"人機一体"がスポーツの概念と環境を拡張する」

デザインのある社会と生活を発信する雑誌、『AXIS』2017年1月号

「テクノロジーと創造力が導く新体験」特集に、超人スポーツそしてHADOを

取材していただきました。

f:id:sasashaan:20161231092352j:plain

 

f:id:sasashaan:20161231092405j:plain

 

人と機械が一体になり、スポーツの得意な人も苦手な人も、

さらには男女、障がいのある・なしも越えて、アクティブに活動できるスポーツを

創造していく、という超人スポーツのコンセプトを紹介いただきました。 

 

 

【参考リンク】

AXIS誌 | デザイン情報 | AXIS

【メディア掲載状況】KAI-YOU「波動拳が撃てる超未来スポーツ「HADO」世界大会に優勝狙いで参戦してきた話」

11月26日に開催した、HADO WORLD CUP2016に参戦した、

チーム・KAI-YOUのレポートを掲載いただきました。

 

kai-you.net

 

HADO初体験の3人が作戦を練り、激戦を繰り広げる様子を記事

にしていただきました!

初心者にもチャレンジしやすい、HADOの必勝法がまとまっているので、

HADOに挑戦するときは必見の記事です。

【メディア掲載状況】『アントレ』2017年冬号

自分らしい独立・開業を応援する雑誌、『アントレ』2017年冬号に、

meleap CEO新木のインタビューを掲載いただきました!

f:id:sasashaan:20161226204037j:plain

既存のビジネスや業界を、スマホなどのデバイスを活用して刷新する、

「シックステック」の旗手として、ご紹介いただきました。

 

参考リンク:

entrenet.jp

【メディア掲載状況】hintos「まるでマンガ世界!未来スポーツ「HADO」のWORLD CUPに大潜入」

HADO WORLD CUP2016のチーム・個人優勝者が

HADOの魅力や「これから欲しい機能」について語ってもらった記事を

ご掲載いただきました!

 

hintos.jp

 

「HADOは障がいがあってもできるし、男女といってもハンデにならない」

と話してくれたランニングクラブの皆さん。

 

「HADOのルールや操作は他のゲームより簡単。

試合を重ねるほど、感覚をつかめるのが楽しい」

と感想を述べた、ヤルキマントッキーズ、樺山さん。

 

それぞれが、HADOを自分らしくプレイしている様子が伝わってきます。

ウルトラマンに変身!ナムコナンジャタウンに、「ウルトラヒーローズ in ナンジャタウン」が期間限定で登場

2016年12月16日、ナムコナンジャタウンにて、

期間限定ARアトラクション「ウルトラヒーローズ in ナンジャタウン」

オープンいたしました。

 

「ウルトラ防衛隊の研究所」を舞台に、ウルトラヒーローがまとう「光の力」を

使えるようになれるゴーグルとバンドを装着して、怪獣と戦います。

 


「ウルトラヒーローズ in ナンジャタウン」PV

 

 研究所を案内する研究員さんの個性豊かなナレーションや、

必殺技を出すときの光や音など、ウルトラマンの世界に入り込める

演出が散りばめられています。

 

テストプレイで、meleapメンバーもプレイしたのですが、

迫力たっぷりのアトラクションに、大人たちがウルトラマンオーブになりきって、

思いっきり光線を発射していました。

f:id:sasashaan:20161219143255j:plain

このアトラクションは、2017年6月30日までの期間限定です。

ぜひこの冬休み、ナムコナンジャタウン

ウルトラマンオーブとフュージョンしましょう! 

event.namco.co.jp

【メディア掲載状況】キャリアコンパス「“カメハメ波”が競技になるかも? あなたの世界を拡張する! テクノスポーツ「HADO」」

20代の”働き方”を劇的に変えるきっかけを作るニュースメディア、

キャリアコンパスに、CEO 福田のインタビューを掲載いただきました。

 

HADO誕生の原動力になった想いや、HADO誕生までの経緯について

取材いただきました。

 

doda.jp