HADOまとめ

IT×スポーツで、テクノスポーツHADOを生み出すmeleapのブログ。 膝がガクガク震えるほど世界を圧倒的に面白くします!

【メデイィア掲載状況】XERA「「かめはめ波を撃つ」を実現したテクノスポーツ「HADO」の戦略と未来」

さまざまな通信系サービスをわかりやすく紹介するWEBメディア、

「XERA」に、CEO福田のインタビューを掲載いただきました。

 

スポーツとしてHADOが進化してゆく過程や、

未来のAR技術の展望について、

深く語っております。

 

【参考リンク】

xera.jp

HADOのNEWコンテンツ、「HADO SHOOT!」をまとめてみた

2017年5月、テクノスポーツHADOの新アトラクション、

「HADO SHOOT! 」をリリースいたしました!

f:id:sasashaan:20170522154707j:plain

HADO SHOOT!は、AR空間に出現するポップなモンスターを

HADOショットで倒すアトラクションです。

 

イメージとしてはモグラ叩きゲームに近く、目の前に出現する敵を狙って、

プレイヤーごとに得点を競いあいます。

f:id:sasashaan:20170522154610j:plain

f:id:sasashaan:20170522154619j:plain

実際のプレイ画面がこちら。

RPGの世界のような、かわいい敵キャラクターたちが出現します。 

f:id:sasashaan:20170522154735p:plain

敵キャラがかわいいから、油断していると…

f:id:sasashaan:20170522154816p:plain

あぶない!画面を飛び出して攻撃を仕掛けてきます。

f:id:sasashaan:20170522154857p:plain

敵キャラの攻撃を受けてしまうと、「きぜつ」状態になって、

一定時間HADOシュートが打てなくなってしまいます。

f:id:sasashaan:20170522154832p:plain

うまく敵の攻撃をかわしながら、高得点を目指しましょう。

f:id:sasashaan:20170522154926p:plain

プレイ中何回か、プレイフィールドにアイテムが出現します。

自分の攻撃力やスコアを高めるものや、相手をおじゃまできるものなど、

複数種類のある、アイテムを活用して、ゲームを有利に進めましょう。

 

敵キャラを狙い撃ちする爽快感と、プレイヤーごとに得点を競い合うドキドキ感が

同時に楽しめるARエンターテイメント、HADO SHOOT!。

このアトラクションを、5月30日、静岡県にあるシネコン

シネプラザ サントムーンにて世界初公開いたしました!

f:id:sasashaan:20170522154644j:plain

シネプラザ サントムーンで世界初のARアトラクションを体験してください!

 

【参考リンク】

cineplaza.net

twitter.com

【イベントレポート】HADO SPRING CUP2017

賞金総額300万円のe-sports大会「HADO WORLD CUP2017」

予選大会「HADO SPRING CUP2017」を

5月20日(土)に横浜市のソプラティコ関内にて、開催いたしました。

 

f:id:sasashaan:20170522144147j:plain

HADOの世界一を決める、「HADO WORLD CUP2017」

本戦に出場する権利を得るために

13チーム、計47名がSPRING CUPにエントリー。

 

昨年のWORLD CUPに出場した強豪チームに混じって、

新しくエントリーしたチームも白熱したプレーを展開しました。

エナジーボールを打ちまくる超攻撃戦や、終了10秒前に逆転する試合など、

手に汗握る闘いの数々に、会場が湧き上がりました。

f:id:sasashaan:20170522150246j:plain

f:id:sasashaan:20170522150253j:plain

f:id:sasashaan:20170522150302j:plain

 

f:id:sasashaan:20170522144739p:plain

数々の激戦を制したのは、SLAM DiVA。

彼らは昨年のWORLD CUPで準優勝し、HADO世界一をつかむべく、

ニコニコ生放送でHADOの特訓をする映像を中継し、日々修行を積んでいます。

 

今回は、前回WORLD CUP準決勝戦で敗れたチームへのリベンジを果たし、

優勝をつかみました。

f:id:sasashaan:20170522144730j:plain

 

f:id:sasashaan:20170522144126p:plain

f:id:sasashaan:20170522144746p:plain

2位は、ランニングクラブAチームが獲得しました。

選手交代なしでフィールドを、80秒間3セット駆け巡る

超攻撃型チームが、会場を沸かせました。

f:id:sasashaan:20170522145243j:plain

3位は、性別迷子チームとTNW Aチームが入賞しました。

性別迷子チームは、ニコニコ動画の「踊ってみた」常連のメンバーで構成。

個性的な見た目に反して、スピーディーで正確なプレイで得点を重ねました。

f:id:sasashaan:20170522145253j:plain

ゲーム系専門学校に通う友人たちで結成されたTNW Aチーム。

公式戦初出場ながら、強者たちに怯まず勝利を勝ち取りました。

試合前インタビューで「学校の名前を借りているので、一生懸命プレイしたい」

と語ってくれましたが、見事な試合展開を見せてくれました。

f:id:sasashaan:20170522144227j:plain

 今後も、予選会は各会場で開催予定です。

 また、HADOのプレイスポットは全国で増加中です。

毎月金曜日には、最新版HADOを体験できる練習会も開催中。

f:id:sasashaan:20170522144157p:plain

 最先端テクノスポーツをぜひ体験しにきてください!

 

【参考リンク】

meleap.com

live.nicovideo.jp

タイムシフト放送です。

 

 

 

【メディア掲載状況】ロイターなど超人スポーツ特集

超人スポーツを海外各国のメディアから、取り上げていただきました!

「超人」プレイヤーたちが話す、新世界のスポーツへの思いを

インタビューをスタイリッシュな写真とともに掲載いただきました。

widerimage.reuters.com

 

www.reuters.com

esportes.r7.com

続きを読む

【メディア掲載状況】Mogura VR「現実で魔法やビームを撃って対戦!ARスポーツ「HADO」対戦動画が話題に」

meleapのエンジニアが投稿した、このツイートが、

AR・VRエンジニアたちの間で話題になっています。

 

そんな、デバイスの壁を超えたHADOの対戦動画を、

Mogura VRさんから取材いただきました!

www.moguravr.com

HADO WORLD CUP 2017などの今後の展開についても

まとめていただきました。

【HADO SHOOT!スポット】シネプラザサントムーン

2017年5月30日、HADOの新コンテンツ「HADO SHOOT!」をプレイできる

世界初スポットが静岡に誕生します!

f:id:sasashaan:20170517134318p:plain

1919 年創業、そろそろ 100 歳の興行会社、静活株式会社がスタートする

地域と静活のこれからの 100 年を創造する“ZUUKA Project”第 1 弾として、

地域密着型シネコン、シネプラザサントムーンのロビーにて、

HADO SHOOT!を5月30日から展開いたします。

f:id:sasashaan:20170517132218p:plain

HADO SHOOT!は、ウサギやキノコのモンスターなど、

ファンシーでかわいい敵キャラをエナジーボール

狙い撃ち!するARアトラクションです。

キャラクターのキュートさに油断をしていると、

CGワールドからモンスターが飛び出して攻撃してきます。

  

静岡県最多スクリーン 12 スクリーンのシネコン シネプラザサントムーン

今回HADO SHOOT!をオープンするスポット、

地域密着型シネコン、シネプラザサントムーン。

地域有数の SC サントムーン柿田川の集客を支える、静岡県最多スクリーン数

12スクリーンのシネマコンプレックスです。

 

住 所/静岡県駿東郡清水町玉川 61-2

電話番号/055-983-1800(お客様音声ガイダンス)

総座席数/2,004 席(車イス席 24 席含む)

スクリーン数/全 12 スクリーン

 

【参考リンク】

cineplaza.net

 

【メディア掲載状況】astavision「「かめはめ波を出したくてずっと練習してました。それが”テクノスポーツの実現”に繋がってるんです」meleap CEO 福田浩士さんインタビュー」

CEO福田のインタビューを、WEBメディアastavisionにご掲載いただきました。

 

HADO開発のきっかけとなった、「身体を拡張したい!」という思い、

そしてそれを実現するまでの過程を取材いただきました。

 

2020年を目指した、テクノスポーツの未来についても語っています。

astavision.com